すももの木の下2e

plummiest.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

エコバッグ作り

Lakuraさん主催の,チャリティワークショップに参加してきました。
piyo*piyoのyokoさんによる,エコバッグ作りです。
いろんなワークショップでご一緒させていただいてきたyokoさんが先生だったので,わからないことは気軽に聞くことができ,とってもアットホームな雰囲気で,楽しく製作することができました。
最初は,玉結びから教えてもらいましたよ…(笑)
途中,生地を2枚重ねて縫ってしまったり,変にしわがよったままミシンをかけてしまったりと,けっこうヘマもしましたけど,できあがったエコバッグは,自分で作ったとは思えないようなかわいいものになりました。

e0195639_2126523.jpg


ほんとは四つ葉にしようと思ってたんですけどね…(笑)
エコバッグって,普段はたたんでおくことが多くって,持ち手の部分がじゃまだったりもするのですが,このエコバッグは,その点とってもスッキリしたデザインになっています。
さっそく持ち歩いています。
素敵な体験をさせてくださった,Lakuraさんとyoko先生に感謝です!


それにしても,今のミシンってすごいですね!
糸を通すのも,縫い終わったあとの糸の始末も全自動で,びっくりしました。
ちょっぴりミシンがほしくなりました(笑)

e0195639_21211552.jpg

# by plummiest | 2011-04-01 21:02 | ワークショップ

再びスクラップブッキング

再び,渡邊かおり先生のスクラップブッキングのワークショップに参加してきました。
今回のワークショップは,前回のバインダー作りの講座に参加した方のみが対象で,ゆっくりとアルバムのページを作成することができました。
3時間も時間が用意されていたのに,作業を始めてみると,あっという間に時間が過ぎ…。
たくさん写真を持っていったのですが,3ページだけ,作ることができました。

e0195639_2051677.jpg

e0195639_20513214.jpg

e0195639_20515889.jpg


周りの方の会話を聞いていると,みなさん,日頃からスクラップブッキングを趣味にされている方ばかりのようでした。
さすがに,どの作品もとってもアーティスティックで,立体的だったり,紙を焦がしたりしていて,いろんな技を使っていました。
自分も,もっと素直に真似をすればよかったなぁと,ちょっぴり後悔。
やっぱり,技術習得のスタートは,「模倣すること」「教わること」からだと思いますし…。
「守破離」というやつですね。

今回も,たくさん材料をいただいて帰りました。
なかなか家では取り組めないのですが,せっかくですから,ページをもっと増やしていきたいですね。
そして,機会があったら,ぜひまた先生のワークショップに参加したいです。
# by plummiest | 2011-02-27 20:27 | ワークショップ

スクラップブッキングのワークショップ

Siesta Labo.さんで行われた,スクラップブッキングのワークショップに参加してきました。
講師は,渡邊かおり先生です。

そもそも,「スクラップブッキング」という言葉自体,自分にはあまりなじみのない言葉でした。
かわいい台紙に写真をレイアウトして貼るのかな…ぐらいのイメージだったのですが,先生の作品を見て印象が一変しました。
台紙や写真が様々な技法で装飾され,それらが一体化して一つの作品となっているのです。
まさに,アートな世界でした。

自分は今回が初参加だったのですが,このワークショップは今回が3回目になるそうです。
今回のテーマは,「自分でつくるバインダー」。
バインダーの製作をメインに,オリジナルのアルバムを作るという内容です。

まずは,バインダー作りです。
厚紙に,素敵なデザインがプリントされたキャンバス地を貼り,背表紙には布などを自由に貼り付けて作りました。
e0195639_2220576.jpg

背表紙作りでは,ミシンも使いました。
e0195639_22405055.jpg

決して上手くはないですけど,ミシンは嫌いではないです。
むしろ,興味があるぐらい(笑)
ほんとは赤い糸を使いたかったのですが,下糸がなくなりかけてうまく出てこなくなり,ボビンに新たに糸を巻く時間の余裕もなかったので,オレンジを使いました。

次に,中表紙を作りました。
なんとかペーパー(?)を使いました。
厚手のトレーシングペーパーみたいな,少し透明感のある紙です。
e0195639_22312661.jpg

主に青空を撮った写真のアルバムを作ろうと思ったので,こんなタイトルにしました。
e0195639_22332747.jpg

文法的にどうなのかは微妙…(汗)

時間がなかったのですが,1枚だけ台紙も作ってみましたよ。
e0195639_22352182.jpg

ちょっとゴチャゴチャしすぎですね。


初めて体験した「スクラップブッキング」はとってもおもしろくて,あっという間に時間が過ぎていってしまいました。
ただ,一つだけ悔やまれることが…。
それは,出がけに家の前で車が雪に埋まり,脱出するのに小一時間かかってしまって,大遅刻してしまったことです。
会場に着いてからも,他の方に追いつこうとがんばるのが精一杯で,先生のお話もゆっくり聞けず…。
飾り付けのいろんな技法をきちんと教わることができなくて残念でした。
なので,もし機会があれば,ぜひまた参加させていただきたいと思いました。

まずは,なんとか自力でこのアルバムを完成させなくっちゃ…。


ちなみに,これが今回自分が用意した写真たち。
e0195639_22464436.jpg

"Poladroid"というフリーソフトを使うと,デジカメで普通に撮った写真が,ポラロイド風に加工されるのです。
e0195639_2325960.jpg

この写真が,クリック一つで下のように変身!
e0195639_2332937.jpg

しかもこのソフト,おもしろい仕掛けがたくさんあるのです。
これについては,またいつか改めて書いてみたいと思います。
# by plummiest | 2011-01-14 23:04 | ワークショップ

イチゴ酒

ひさしぶりの更新かと思ったら,またお酒の話かい…って感じなのですが(笑)

うちの町の道の駅に,生食用のイチゴが並び始めました。
ちょっぴりお高いのですが,さっそくまたイチゴ酒を漬けてみました。

レシピは,次の通りです。
・イチゴ(地元産・とちおとめ)…300g
・レモン(広島産・大長レモン)…1個
・素焚糖(奄美大島産)…50g
・黒糖焼酎(珊瑚・30度)…600ml


さて,今回使用した食材ですが…。
e0195639_20465025.jpg

イチゴは,地元産の「とちおとめ」。
1粒だけつまみ食いしてみたら,甘くて適度な酸味もあって,美味しかったです。
一瞬,漬けるのは次にして,このまま全部食べてしまおうかと思ったぐらい(笑)

そして,レモンは,国産レモン発祥の地・広島県呉市豊町の「大長(おおちょう)レモン」です。
百年の実績を持ち,品質・味ともに天然レモンの超一級品なんだとか。
…って,たまたまスーパーに置いてあったんですけどね。

砂糖は,「素焚糖(すだきとう)」という,奄美大島産さとうきびを100%使用した砂糖を使ってみました。
e0195639_20573297.jpg

砂糖商品で初めて,モンドセレクション金賞を受賞した砂糖なんだそうです。
上白糖に比べてミネラルが豊富で,くどくないやわらかな甘みが特徴だとのこと。
…これも,たまたまスーパーで見つけました(笑)

焼酎は,うちの薬膳酒作りでは定番の,黒糖焼酎。
今までは,25度の「れんと」を使っていたのですが,果物を漬ける時には本当は25度だと度数不足なので,今回は30度の「珊瑚」を使ってみました。
e0195639_2133535.jpg

「れんと」同様,くせのない,飲みやすい黒糖焼酎です。

というわけで,今回は,今までよりもこだわりの(?)食材を使ってみました(…いや,たまたまなのですが)。
果たしてどんな味に仕上がるか,1か月後が楽しみです。
ん,まずは2週間後に味見かな?
e0195639_21124428.jpg

# by plummiest | 2010-11-28 21:10 | 薬膳酒

杏仁酒

こないだの日曜日は,誕生日でした。

e0195639_20514839.jpg



誕生日の日に,杏仁酒を仕込みました。
材料は,あんずの種と,黒糖焼酎と,果糖です。
一応,1年間漬け込む予定…。
来年の誕生日は杏仁酒で乾杯したいです。
間違っても,お酒の飲めない体にはならないように,健康に気をつけようっと。

e0195639_20502587.jpg


e0195639_20511953.jpg

# by plummiest | 2010-09-01 20:55 | 薬膳酒